ネットワークエンジニアの備忘録

トラブルや気になった点をメモしておきます。

Always SSL(常時SSL化/AOSSL)について

昨今では当たり前のようになってきたAlways SSL(常時SSL/TLS化)について、メリットだけでなくデメリット(弊害)がないか考えてみました。 SSL/TLSによる通信はデータ傍受の危険から身を守ってくれる手段としてとても有用です。しかし、以前と比べてhttps化…

WLC Config Converter

WLC5508シリーズは2018年5月4日にEOLの計画が発表されました。今後リプレイスにあたって、後継機にあたるWLC5520シリーズへの移行計画を検討する必要があります。個人的にCiscoのWLCシリーズは(Arubaなどと違って)更改時にコンフィグのコンバートが非常に…

WPA3(Wi-Fi Protected Access 3)が正式発表

米国時間の6/25にWPA3が正式発表されました。WPA3でもWPA2以前と同様に家庭向けの「WPA3-Personal」と、企業・組織向けの「WPA3-Enterprise」が存在します。 WPA3-Personalはパスワードベースの認証のため、おそらくPSK相当のものであると思われます。WPA3-E…

Cisco PIのバックアップとリストア

Cisco Prime Infrastructureのバックアップとリストアの手順を記載します。注意点としてPrime InfrastructureはOracleを搭載しているため、システムやサービスの再起動には時間を要します。バージョンアップ等の作業を実施する際は、作業時間を多めに見積も…

WLC HA構成(SSO)のバージョンアップ手順

HA(SSO)構成を組んだ状態でバージョンアップ作業を行ったので、作業の備忘録を残しておきます。 基本的なバージョンアップ手順はシングル構成と変わらず、プライマリ機にアップロードすると自動的にセカンダリ機に転送されます。 GUIの場合、「Download File…

マルチエリアOSPF環境の通信迂回時の注意点

先日マルチエリアOSPF環境のルータでモジュール故障被疑が発覚したため、コストアップで経路迂回しようとしたら失敗したので備忘録として残しておきます。環境イメージは以下のとおりです、故障被疑はRT#01です。 通常のトラフィックフローは以下となります…

ロードバランサーのTLS1.3対応状況

ちょっと前にA10やF5のエンジニアのかたとお話しする機会があったため、TLS1.3の対応状況を伺ってみました。 基本的に両社とも同様の回答で、現在ラインナップしている機器はファームウェアアップグレードで対応予定であるとのことでした。 しかし、注意点と…

SRX ポリシー変更時のセッション断について

SRXでFWポリシーを変更する場合、許可しなければいけないポリシーを消してしまうことや、ポリシーの順番を変更する際に、許可したい通信がDenyポリシーにヒットしないか注意する必要があります。その他にも、以下のポリシー操作をすることでセッション断が発…

MTUの設計

mtu

最近MTUの設計方法をド忘れしていたので、備忘録を残しておきます。 MTUとは1フレームで送信できるデータの最大値を示す伝送単位であり、一般的に使われるイーサネットであればイーサネットフレームの最大値である1518byteからEthernetヘッダ ( 14byte ) と …

新たな公開DNSサーバ「1.1.1.1」

dns

APNICとCloudflareが無料の公開DNSサーバの提供を始めました。 このサービスのメリットとしてユーザーのIPアドレスを記録せず、これを証明するためにKPMGによる監査を毎年行うことを名言しています。これは昨今のセキュリティを重視する流れに沿っていて良い…